2013年02月09日

3つの高菜ラーメンを食べ比べてみた。(マルタイ×サンポー×明星チャルメラ)


takanar1.jpg
明星チャルメラ 高菜とんこつラーメン。

あまりスポットライトが当たることがない、高菜ラーメンを取り上げてみようと思います。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。一日一回の応援クリック、ありがとうございます('-'*)

ラーメン屋で初めて高菜を置いた店は長浜将軍と言われてます。
時が流れ、今日では紅生姜や胡麻と並んでラーメン屋のカウンターに置かれている辛子高菜。

基本的には白飯に載せて食べるんですが、これをラーメンに入れる食べ方もあります。
高菜と豚骨の相性は良好で、ラーメンがピリリと辛口に変化します。
なぜか一定年代より上の世代は高菜をラーメンに入れる事を否定する方が多いように感じます。


今回は各社から出ている高菜ラーメンを食べ比べてみます。
こんなアホなことをするのはベタメシ!くらいのもんだ^^;

takanar2.jpg
まずは九州のスーパーで最もよく目にする高菜ラーメン、マルタイ 高菜ラーメンとんこつ味です。
福岡市西区にマルタイの工場があります。

僕はこのラーメンで初めて「高菜ラーメン」というジャンルがあることに気付きました。
ラーメン屋には高菜は置いてあっても、高菜ラーメンというメニューはないもんね。

takanar3.jpg
調味油と粉スープとともに、真空パックされた辛子高菜が入ってます。
初めてこれを見たとき、とても斬新なアイデアに思えました。笑

takanar4.jpg
熱湯3分。
完成したら、真空パックの辛子高菜をラーメンに入れます。

マルタイ 高菜ラーメンの高菜はピリリと辛い!
今回食べた3品の中で一番辛いと思いますひらめき
高菜をスープに馴染ませると、スープも辛口へ。
辛口化した豚骨もなかなかいいね。

takanar5.jpg
麺はいつものマルタイのカップ麺用のやつです。

食べ比べて気付いたこと。
高菜ラーメンのスタンダード商品は、実は尖った商品でした。
辛味ハッキリの忘れられない個性でリピーターを掴んでいるようです。
そういえば、豚骨×辛味の商品って意外と少ないね。
カップ麺満足度79%





takanar10.jpg
次に食べたのは明星チャルメラの高菜とんこつラーメン。
このカップ麺はドラッグストアで見つけました。
普段行きつけのスーパーには置いてないから珍しいのかな。

明星という東京の食品メーカーが作る豚骨ラーメン。
パッケージには「新バリカタストレート麺」と書かれています。
九州産辛子高菜を使用し、九州工場で生産。
なにやら福岡をよく研究してから商品化してますな。

takanar11.jpg
中身の構成は高菜ラーメンそっくり。

スープの袋を開けると粉から豚骨臭が強く香りますひらめき
うまかっちゃんのような福岡人が好みそうな設定。

takanar12.jpg
高菜は酸味がほどよくきいてます。
後からマイルドな辛味がきまするんるん
豚骨スープともよく馴染みますゾ。
ご飯に載せてもおいしく食べられそうな高菜です。

takanar13.jpg
麺はノンフライのストレートな細麺。
カップ麺としては、福岡の細麺のイメージに近いタイプ。
近年、カップ麺の麺は地味に進化していますが、その恩恵を受けた商品でするんるん
トータルでのバランスが光る一品。
なんつーか、フツーに好きです^^
カップ麺満足度82%



takanar6.jpg
最後に紹介するのは、サンポー とんこつ味高菜ラーメン。
佐賀県三養基郡(みやきぐん)の工場で作られている。

takanar7.jpg
商品の構成はやはり高菜ラーメンと一緒。

takanar8.jpg
サンポーの高菜はチャルメラの高菜とタイプは似ています。
酸味、辛味ともに最もマイルド。

takanar9.jpg
スープはやや大人しめの印象。
麺はいつものサンポーの麺。
3品の中で一番地味だが、夜食ラーメン向きの安定感を感じる。
カップ麺満足度77%

【ニシヒロシ's memo】

今回食べた3品の中で、一番好みだったのは意外なことに明星チャルメラでした。
最後発の商品だけに先行商品のよい部分を巧みに取り入れつつ、麺の進化の恩恵を受けています。
実食してみて、味付けのバランス感が気に入りました。

とはいえ、入手性の良さと高菜ラーメンならではのパンチを求めて、
これからもマルタイを手にする機会が一番多そうな気がします。

次は九州のサ店メシの高菜ライスを調べてみよう^^


スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:カップ麺
posted by カツドンマイスター at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。